2018年9月23日 喜寿祝い 0
ネットショッピング

 

60歳を迎えた時にお祝いする還暦は有名で、知っている人も多いとは思いますが、その後も年齢の節目に長生きを祝い、健康を願う誕生日があります。

その中でも77才は縁起もいい数字ですし、大々的にお祝いする人が多いです。77歳のお祝いは喜寿と言います。

七十七の数字が喜ぶという字に含まれているため、そう呼ばれます。

長寿大国日本ですが、77歳を元気に迎える人というのはやはり少ないので、これからも元気に長生きしてほしいとの気持ちを込めてお祝いをします。

食事をしたりするのももちろんいいですが、記念に残る贈り物をすると一層喜ばれるはずです。

 

喜寿は紫色で祝う

 

紫色

 

還暦が赤色物を身に着けるように喜寿にもカラーがあります。それはです。

そのため、紫にちなんだお祝いを贈ることが多くなっています。

例えば、紫色のシャツやズボン、帽子、靴、まだ現役ならばネクタイなどを送ったりします。

ハンカチなども喜ばれます。

そんないろいろなプレゼントの中でも、特に喜ばれるのが名入れをした贈り物です。

 

様々な名入れギフト

 

 

例えば、紫をモチーフにした財布や時計、キーケースなどに名前を刻印することができるサービスを提供してる店舗があります。

時計ならば、文字盤の裏に喜寿の年月日を名前、メッセージを記入してもらえます。

財布やキーケースならば、イニシャルでさりげなく刻印するものお勧めです。

また、フラワーアレンジメントに名入れと年月日、メッセージをつけてプレゼントすることもできます。

直接渡すのもいいですが、遠くに住んでいてお祝いに駆け付けられないときなどにもお勧めです。

お花をもらうというのはなかなかないので、男女問わず喜ばれます。

手紙をよく書く人になら、万年筆に刻印するサービスもあります。

万年筆を使わない人へならちょっといいボールペンに刻印することも可能です。

かさばらないプレゼントなので、さりげなく渡したいときにもお勧めです。

小物入れやブックカバーに刻印することもできます。その人の趣味等に合わせて贈ると喜ばれるでしょう。

その人の名前を使った詩をプレゼントするのも喜ばれます。

これは男女問わず利用できるので、困ったら利用してみるといいでしょう。

もし、お酒が好きな人ならば、特にお勧めしたいのがワインや焼酎、日本酒の瓶に名前とメッセージを刻印するサービスです。

紫色の瓶に自分の自分の名前があれば喜ばれるに違いありません。

お酒の瓶への名入れサービスは様々な店舗で行っているので、その人が好きな種類を選べば間違いないでしょう。

中身を飲んでしまっても、瓶は記念に残すことができます。間違いのないプレゼントになるでしょう。

 

購入はインターネットのショップが便利

 

ネットショッピング

 

こういったプレゼントは百貨店などの実店舗に行って購入することももちろん可能です。

直接目で見て、確認して購入したいのであれば、実店舗に行くのがいいでしょう。

事前に調べれば、そういったサービスを提供しているお店を見つけることができるはずです。

しかし、忙しくてなかなか実店舗に行って探す暇がないのであれば、インターネット店舗での購入がお勧めです。

手に取って確かめることはできませんが、自分が探しているプレゼントを自宅にいながら探すことが可能です。

例えば『喜寿、名入れ、プレゼント』と検索をかければ、すぐにほしい情報が見つかります。

そこに実際にプレゼントしたい、財布、お酒などのキーワードをプラスすれば、もっと短時間でほしい商品にたどり着けるはずです。

顔の見えない相手とのやり取りのため、不安もあるかもしれませんが相手はお祝いを贈るプロなので、安心して任せることができます。

不安ならば、実際に購入をした人の口コミを参考にすれば、憂いが晴れるはずです。

時間がない人や、急いでほしい人、実店舗に行ってもなかなかな理想の商品に出会えなかった人はネット店舗を利用してみましょう。

きっと満足いく商品に出会えるはずです。

 

まとめ

 

 

どんなプレゼントでも、名入れにすることで、特別な感じになります。

世界に一つだけの自分だけのプレゼントをもらえば、喜寿のお祝いをしてもらった人は最高の笑顔になるはずです。

年齢が上がると、誕生日をお祝いしてもらう機会というのはぐっと減ってしまいます。

節目の時くらいは家族や友人で盛大にお祝いしてもいいと思います。

その時に、名入れのプレゼントは盛大にお祝いするためにはうってつけです。

お酒の瓶などは名前以外にもメッセージを入れることも可能な店舗が多いですので、これからの健康と益々の長寿への想いを込めやすいです。

紫にこだわる必要はないと思いますので、その人が本当に喜びそうなものに名前を刻印して、世界に一つだけのプレゼントを渡してください。

贈る相手の趣味や好みをリサーチして、名前を刻印すればこれから先の人生で愛用したり、飾って大切にしてくれます。

大事なのはその人が喜びそうな商品を選ぶことです。

喜寿というめでたい日を迎えた時に喜ぶ顔を思い描きながら選んでみて下さい。

きっと素敵な笑顔を見ることができますよ。

 

参考記事→喜寿祝いは誕生日がおすすめ!お祝いに適した時期をわかりやすく解説