2018年3月2日 英才教育 0

英才教育

英才教育とは、優れた知識・技能を子どもたちに身につけさせるために行われる教育の事を言います。

一般的な教育とはまた違っており、その講師として選ばれるのはその道でもとても有名な人等の場合も少なくありません。

また子供が身に付けることを目的としているのは勉強に関する事等だけでなく、楽器の演奏や運動能力等その分野は多岐にわたっています。

基本的に教育を開始する年齢と言うのはある程度早い方が良いと言われる事も多く、英才教育を意識している人の場合は1歳、2歳位から始める人も決して珍しくありません。

また英才教育は脳を育てるという所に着目して行われる場合もあり、そういった分野に対して効果が期待できるという事を宣伝している塾等も存在しています。

子供は大人に比べると情報等の吸収力が高く、直ぐに簡単に物事を覚えるという事も決して少なくありません。

そういった特徴に注目し、さらに子供の能力を出来るだけ引き上げるという事を意識して行われる物だと言っても良いでしょう。

ただ実際には子供には得手不得手と言うのがあります。

また子供の特徴によってはどうしてもすぐに簡単に知識等を身に付ける事が出来ないという場合もある為、英才教育を施してもすぐに結果が出るとは限らず、時間を要する場合があります。

初等教育とは

初等教育

基本的に、初等教育とは小学校だけでなく幼稚園で行われる教育活動の事も指します。

小さなうちにしっかりと基礎基本を身につけておく事によって、その後の中等、高等教育を受けても十分対応する事が可能となります。

ただ実際には子供には適正があるだけでなく発達段階等にも差がある為、どの子にも同じ様な対応をしていても同じ様に身に付けるかといったらそうではありません。

出来るだけその子に合わせた対応等をする事によって、子供の多様性等を尊重しつつ教育活動を行う事が出来るようになります。

日本に関して言えば、初等教育はとても充実しているというのが大きな特徴と言えます。

それは内容だけでなく、就学率等にも反映されており、特に小学校に関しては義務教育となっている為にそこに通わないというお子さんはとても少ないのが現状です。

従って生活に必要となる知識・技術位はある程度は身に付けた状態となります。

ただ初等教育に関してはどの施設を選ぶかと言う事によっても大きく定着率が変わってきます。

またその質だけでなく、ある程度の年齢になってからは復習にも時間を費やさなければいけません。

従って幼い子供に対して行われる物ですが、実際にはその子の年齢によってもアプローチ法を変える方が無難です。

中等教育とは

中等教育

中等教育と言うと、その文字から中学校での教育の事を連想する人もいるかもしれませんが実際にはそうではありません。

日本の場合は中学・高等学校の両方で行われる活動の事を指す言葉となっています。

この時期の子供に関しては、心身ともに成長していくスピードが速くなり、個人差も大きく出てきます。

また能力は勿論、学力差等も出てくる時期となってくるため、どこで学ぶのかその施設にも差が出てきます。

ただ中等教育に関しては個人差に十分気を付ける事が重要です。

小学校に通っていた時に比べるとはるかに子供自身の心も成長しており、一方的に何かをさせようと下としてもなかなかうまくいかない場合も少なくありません。

またその個人の目標に従って利用する教育等も変わってくるのがこの時期です。

基本的に中学校までは義務教育となっているので全員が横一列になっている様な状態になっていますが、その後高等学校に進む頃から進路・学力・目標等が大きく枝分かれてしてくるため、教育者にとっても多種多様な対応が必要となります。

また現在では情報機器の扱い等についてもしっかりと伝達する必要が有ったりするので、時代や社会に合わせて柔軟に内容を変えて行く事も重要です。

子供の長所を伸ばせる可能性のある方法

長所を伸ばす

現在日本では少子化が進み続けており、ここ数年は女性一人当たりの出生率は1.5人を下回り続けています。

それと反比例するように、子供一人当たりに対する教育費は増大し続けています。

今迄であれば、兄や姉に服やおもちゃを買い与えても弟妹が着回したり、使い回すという事が出来ました。

しかし、現在では一人っ子の子供が増えているので、そういったことも出来ません。

その代わり、子供の数が少ない分だけ一人の子供に時間やお金を多く掛けることが出来るという見方もできます。

子供の長所や短所を見極め、長所を積極的に伸ばしたいのであれば、多くの時間やお金を使っても良いでしょう。

しかし、最も意識しなければならないことは別にあります。

いちご狩り

それは、親が積極的に子供とコミュニケーションを図り、子供に様々な体験をさせてあげることです。

なぜならば、その子供がどの様なことに興味を持ち面白いと感じるのか、どの様なことが得意であるのかは実際に試してみなければなかなか解らないからです。

ですので、子供の長所を伸ばしたいのであれば、少しでも多くの経験をさせてあげましょう。

そうすれば、自然と好きなこと、得意なことを子供自らが見つけて、それに熱中していくことでしょう。