2018年3月2日 古希祝い 0

古希

古希とは還暦を過ぎて最初の長寿のお祝いです。

もともとは中国で始まった習慣で、日本に伝わって広がり始めたのは室町時代とされています。

中国唐代の詩人、杜甫の曲江詩の中で唄われている「人生七十古來稀」の一節から来ています。

つまり、当時は人生50年と考えられており、還暦にあたる60歳を迎えられることが長寿の証と言われているところ、70歳を迎えられるというのは、非常にまれ(稀)だという意味から70歳を古稀として、現在ではでは古希と記しますが、お祝いされるようになりました。

69歳

古希として祝う70歳は数え年を示しています。

すなわち、現代の満年齢に換算すると、古希は69歳を示すことになります。

ちなみに還暦は満年齢で60歳なので、数えでは61歳になります。

お祝いをする日はこの日にお祝いをしなければならないといった特別な日があるわけではありませんが、一般的には誕生日前後や敬老の日、その他家族や親せきが集まりやすい日を選んでお祝いをします。

紫のお花

また、お祝いには還暦の時と同様にちゃんちゃんこや座布団などを揃えて身内でごちそうを食べるなどしますが、還暦と違って、ちゃんちゃんこなどの色は赤ではなくです。

これは紫が古来より高貴な方が召す色、つまり長く年を重ね、長寿の尊い方ということで紫の品を送ります。

贈る品には特に決まりはなく、花束、和食器、お酒、最近ではカタログギフトやフォトフレームなども贈られることがあります。

金額

金額の相場については、古希を迎えられる方との関係により、変わってきます。

  • 両親:20,000~50,000円
  • 祖父母:10,000~30,000円
  • 親類:5,000~20,000円

くらいです。しかし、これは一般的な相場であり、基本は無理のない範囲で感謝の気持ちを伝えることが大切です。

また、逆に弔辞によく使われる日本茶、漢字で「手巾(てぎれ)」と書くハンカチ(別れを連想させる)、「苦」「死」を連想させる櫛は避けた方が無難です。

 

参考記事→古希祝いについて